ルレクチェとラフランスの違い ルレクチェの値段を安く買う方法

スポンサーリンク

西洋ナシの代表的なラフランスは時期になるとスーパーでも見かけるようになりますが、ルレクチェをスーパーで見たことはあるでしょうか。

ルレクチェは、スーパーで気軽に買えるほど値段が安くないのです。

では、何が違うのか。

ラフランスとルレクチェを比較してみましょう。

ラフランスとルレクチェの違い

ラフランス

洋梨であるラフランスは19世紀半ばにフランスを代表する品種として誕生しました。

日本へは明治36年頃に山形に入って来たと言われています。

【旬の時期】10月~1月(旬は比較的長く生産量も多い)

【味】甘みがある中に酸味もある。

【食感】梨がやわらかくなった感じでザラザラ感がある。

【食べ方】数日間追熟して、指で押して少し柔らかくなってきたら食べ頃。

【香り】気品高く熟成された香り

【注意店】スーパーで買うときは、まだ熟成されてない場合が多い。

 

ルレクチェ

明治36年ラフランスと同じ頃に新潟へ来ました。

『西洋梨の貴婦人』『妖艶の果実』とも言われてます。

実が傷つきやすく栽培が難しいため、フランスでは栽培されてません。

【旬の時期】11月下旬~12月下旬(旬がとても短く生産量が少ない)

【味】酸味がなく、とても甘い。

【食感】ソフトクリームのようにとろけるような食感。

【食べ方】数週間追熟された物が出荷されることが多いです。

【香り】ラフランスより香りが高く、とろけるような香り。

【備考】高級フルーツとしてしか出回らないので、スーパー等で見かけることはありません。

スポンサーリンク

ルレクチェ 田舎伝説

ルレクチェは新潟県の白根に最初に伝わったと言われていますが、実は違うらしい。

『最初は加茂』だと話を聞いたので調べてみました。

 

新潟 加茂は『越後の小京都』とも言われています。

 

三山で囲まれた市街地には加茂川が流れ、5月には『こいのぼり』が加茂川にたくさん舞っていて圧巻です。

 

その加茂にいらっしゃいました。

『ルレクチェおじさん』こと伊丹三四次さん。

 

伊丹三四次さんの著著にルレクチェの歴史が書かれていました。

一部を抜粋します。

伊丹三四次著の抜粋

 

いかがですか?

読んでみると、ルレクチェを初めて生産したのは、間違いなく伊丹三四次さんだったんだろうとおもいます。

 

今度、会ってお話を伺ってきます。

お楽しみに!

 

 

ルレクチェはラフランスより美味しい

新潟に来てみるとわかると思いますが、新潟土産にルレクチェのお菓子などが多いと思いませんか。

ルレクチェは生で食べたことはないが、お菓子なら食べたことがある。という方はきっと多いと思います。

 

ルレクチェは生産量が少ないのに、なぜお菓子にするの?

なぜジュースにしちゃうの?

 

ズバリ!

ルレクチェは傷つきやすいためA品が出にくいからです。

 

お歳暮にも人気のあるルレクチェですが、傷ものは贈れません。

ルレクチェのA品率はたったの2~3割くらいです。

つまり、7~8割がB品またはC品になってしまうのです。

これがB品とC品です。

さすがに贈り物にはできません。

 

しかし、皮を剥いてしまえばA品となんら変わらないのです。

むしろB品やC品の方が甘みがあります。

これらB品とC品は激安で引き取られて、お菓子の原料になっていくわけです。

ルレクチェを生で食べた人が少ないのは、A品が極端に少ないため。

 

地元新潟の人でさえ、ルレクチェを食べたことがない人はたくさんいます。

 

そういう私も、ルレクチェを初めて食べたのがおととしです。

 

はっきり言って、ルレクチェはお菓子には合いません!

合わないというより、ルレクチェの良さをお菓子では出せません。

 

ルレクチェの良さは、口の中に入れると甘くてとろけるような食感です。

このルレクチェB品家庭用でたべて頂こうと私は2017年の12月に販売を開始しました。

農家さんからは激安の単価ではなく、A品の半値くらいのそこそこの値段で引き取り、農家さんのにも喜んでいただけました。

 

販売者はお客様の喜ぶ姿を想像すること。

そして生産者さんの喜ぶ仕事をすること。

これが販売者の責任だと思い取り組んでいます。

スポンサーリンク

ルレクチェ 家庭用 販売はここ 11月までお待ちください。

ルレクチェのB品の実画像をお見せします。

販売する時は画像を明るくしてます。

キズなどは修正してません。

 

11月中旬あたりから今回は3か所の農園さんのルレクチェを扱います。

今回はA品も扱う予定ですので楽しみにしててください。

 

こちらでルレクチェ販売開始の案内をいたします。

その他、気になるフルーツや旬な情報もこちらから問い合わせください。

↓管理者のLINE@です。

旬な情報をお届けします!

それでは、またです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です